Loading...

株式会社四季工房

実例集

実際に四季工房で建てた実績を一部紹介します。

新築「この家でなら家族が仲良く快適に暮らせる。どうせ建てるならここにしよう!」

T様

 新居は奥様の御実家があった土地に建てられました。ご両親ともお元気で現役ですが、ある事情のため、同じ市内のお母様の実家に越すことになりました。その時、娘夫婦にこう言われました。「このまま住んでもいいし、建て替えてもいい。自分たちの好きなようにしなさい」と。分譲を購入されてから30年、ご近所のお家の状態からも充分住み続けられることが分かります。きっと愛着があったことでしょう。

 都内の社宅にお住いだったT様ご夫婦は、そのことで悩んだり話し合ったりしました。自分たちが住みやすいように建て替えるのは簡単、でも家族の歴史が詰まった家を本当に壊していいの?。一方、まだまだ住めるとはいえ住み難さもあったようです。「冬は寒く夏は暑い家でした。台所が北向きで特に寒く、家族が楽しくおしゃべりしている時も、母はそこで水仕事をしていました。」とT様の奥様が当時を振り返りました。

 そしてお二人は決断しました。「陽射しがたっぷり入り子ども達の笑い声が溢れる新しい家にしよう!」思い出の詰まった土地を引き継ぎ、5人の夢を膨らませて新しい家づくりはスタートしました。


周辺の自然を取り込む心地よさ

 T家にお邪魔してまず感じるのは、自然と一体になった抜群の心地良さです。爽やかな風が心地よく抜け、どの部屋にも柔らかく差し込む陽射し。さらに、道路を挟んで広がっている運動公園から聞こえる歓声。お訪ねした日はサッカーチームが練習していましたが、決してうるさいわけではなく、リビングにいると丁度良い気配です。しかも、春は家に居ながら広大な桜並木を愛でることが出来るおまけ付きです。きっと香りがほんのりと漂い、花びらが舞い落ちる様が美しいことでしょう。

 「子ども達が外で遊んでいる様子をキッチンの窓から眺めながら、台所仕事をするのが好きです。」とは奥様。この心地良さはエアパス工法による「清々しい空気」が、家の中と外の環境を繋いでいることから生まれているのが分かります。

 「この家でなら家族が仲良く快適に暮らせる。どうせ建てるならここにしよう!」と決めて下さったのは大正解だったわけです。

 T様は、今後日常を大切に愛しみながらお子様方の成長を見守っていくようです。ゆっくりと、大らかに。そう、ご両親から渡されたバトンを大切に預かって…